2007年10月02日

駅周辺の様子

天王寺は関西最大級のターミナル駅だ。意外と知られていないがホーム数が関西で一番多いらしい。河内(大阪東南部)や南部(堺・泉州・和泉・岸和田)方面のターミナルだけあって何か関西人の濃い独特の雰囲気をかもし出している。
商業施設はデパート[mio・近鉄・hoop]映画館[アポロシネマ8]・ルシアス・ご馳走ビルなど数え切れる程で賑わい度は他のターミナルに比べ落ちる。
25号線を挟んだ南部は近鉄「阿部野橋駅」があり今ではめずらしい阪堺線(ちんちん電車)が走っていてなんとも情緒がある。北部にはJRの「天王寺駅」ターミナルビルがありその東にmio(百貨店)が隣接している)。
街を歩くと何か独特の雰囲気をかもし出すのが天王寺、阿倍野である。ガラが悪そうだが何か落ち着いてレトロな感じも受ける。その理由に風俗店[スナック・ラウンジ・キャバクラ・ヘルス]が他のターミナルに比べて極端に少ないことだ。京橋との大きな違いは風俗店のあるなしではないだろうか。天王寺は基本的には住宅地という性格を持っている。それと地価がとても高いということテナントなどの賃料が高く、個人経営の飲食店など新しく開店するのが難しいと聞く。よって駅の規模の割には飲食店が少ない。

こんな天王寺・阿倍野だが長年眠っていた阿倍野再開発が動き出し新たな近未来都市へと変貌すべく開発が急ピッチで進められている。
近鉄が2014年(?)現近鉄百貨店付近に日本一高いビルを建てることを発表している。
どのように生まれ変わるか阿倍野ファンとしてはとても楽しみだ。
posted by 食いしん坊主 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 天王寺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5678224
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック