2008年04月14日

大正 沖縄料理

大正は沖縄の人が多く住んでいて沖縄料理店も多くあります。

やっぱり沖縄料理店の雰囲気はのんびりしていて

島歌が流れいい感じ!

最近沖縄料理にはまっているのでまたまとめてお店紹介したいと思います。

あっそれから大正駅の近くに川があるんですが

そこにボートハウスのような水に浮かんでいるバーがあります。

予約制と聞いていただのでいきなり行っても入れてくれないかと思ったのですが

入れてくれました!

のーんびりいい感じ。

もう一店舗そのようなお店があると聞いたのですが

また調査しておきます。

歌手の桑名さんが来るって聞きました。
posted by 食いしん坊主 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴橋

2007年10月09日

別人倶楽部

JR天王寺北口の商店街を少し抜けたところにあるイタリアンレストラン[別人倶楽部]です。
店内は落ち着いた洋館の雰囲気で中庭があり天王寺とは思えない異空間である。
中庭には噴水もありとてもおしゃれだ。
しかし残念なことにお料理が値段に比べよくないといった印象。
夕食のお値段は3500〜5000くらいの予算だと思う。少し高めの設定だ。
料理がおいしくないので二回目は行かない・・・お料理をレベルアップしてくれたらいいのになぁと思います。
posted by 食いしん坊主 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 天王寺

2007年10月03日

居酒屋 とみ

京橋の墓場の前の立食い寿司屋「居酒屋とみ」超有名なのでご存知の方もいるだろう。
いろんなメディアで紹介されているのほとんど毎日行列ができている。
しかし毎日開いてる訳ではなく週四回ほどしか開いていない。
定休日をチェックしていくようにしてください。また調べてアップします。
開店間際に行けば入れるがいい時間になってくると並ばないといけないことが多い。
また遅い時間になるとネタがなくなるので早めにいったほうがいい。
メニューはマグロ・ウニ・いくらを中心にかに身など数えるほどしかない。
二人前からのセット料金になっており量はかなりあるので注意が必要。
立ち食いなのでそんなに長居ができないのでもし遠くからわざわざ京橋まで足を運びならはしごする店も考えておいたほうがいい!

なかなか他にはなく行ってみるとおもしろいが正直私は二回ほどで飽きた。
ちょっと知り合いを連れて行くのにいいかなぁ
posted by 食いしん坊主 at 13:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 京橋

2007年10月02日

天王寺駅風景

3.jpg

0.jpg
中央改札を出たところにある通称「天女」天王寺の待ち合わせでよく使われるところだ。
posted by 食いしん坊主 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 天王寺

正義の味方 [焼き鳥・鳥料理]

鶴橋ということで焼肉店・・・ではなくまずは鳥料理をご紹介!
駅から千日前を西(上本町方面に歩き)大通りに出る前を少し右に曲がったところにある正義の味方。

さわやかで威勢のいいおにいちゃんが大将だ。テーブル4人がけが2箇所にあとはカウンターのみの小さなお店。満員になるときちきちになる。私が行くとだいたい会社帰りのサラリーマンがいていつも入れるか入れないかのぎりぎりである。人気店だ!

鳥のもものあぶりだっただろうか?わさびで食べるのがおいしく全体的に鳥がおいしかった。鶴橋だけにキムチがその日替わりであるらしくキムチが好きな私にとってはうれしいことです。

ここはなかなか料理がおいしくお兄さんの兄弟が手伝っていたり暖かさが感じられるいい店だ。

■店の情報
準備中
posted by 食いしん坊主 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴橋

駅の様子

鶴橋は近鉄大阪線と交差するターミナル駅である。在日朝鮮人がコリアンタウンを形成しており独特の雰囲気を持っている。また駅の下には所狭しと飲食店があり、大阪では焼肉といえば鶴橋というのが定番である。冗談話と思うかもしれないが鶴橋に停車した電車の扉が開いた瞬間車内に焼肉の匂いが充満する。これ事実!夕刻になると街自体が焼肉の匂いに包まれる。

焼肉屋がひしめくエリアの東部には朝鮮人の商店街がある。近年偽ブランドで問題となったが韓国から輸入された偽ブランドの店舗が点在している。その中にチマチョゴリの店屋・テレビ雑誌でおなじみの有名キムチ屋などが入り混じり一種観光地みたいになっている。
さらに東へと足を進めると食料品を売るまさに地元の市場となる。しかし普通の市場とは異なりやはり韓国が飛び交い日本の市場では見られない牛の内臓やキムチなどが売られているので韓国に旅行に着たのではと錯覚をおこす。韓国人のための中央卸売市場といった様相だ。

posted by 食いしん坊主 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴橋

駅周辺の様子

天王寺は関西最大級のターミナル駅だ。意外と知られていないがホーム数が関西で一番多いらしい。河内(大阪東南部)や南部(堺・泉州・和泉・岸和田)方面のターミナルだけあって何か関西人の濃い独特の雰囲気をかもし出している。
商業施設はデパート[mio・近鉄・hoop]映画館[アポロシネマ8]・ルシアス・ご馳走ビルなど数え切れる程で賑わい度は他のターミナルに比べ落ちる。
25号線を挟んだ南部は近鉄「阿部野橋駅」があり今ではめずらしい阪堺線(ちんちん電車)が走っていてなんとも情緒がある。北部にはJRの「天王寺駅」ターミナルビルがありその東にmio(百貨店)が隣接している)。
街を歩くと何か独特の雰囲気をかもし出すのが天王寺、阿倍野である。ガラが悪そうだが何か落ち着いてレトロな感じも受ける。その理由に風俗店[スナック・ラウンジ・キャバクラ・ヘルス]が他のターミナルに比べて極端に少ないことだ。京橋との大きな違いは風俗店のあるなしではないだろうか。天王寺は基本的には住宅地という性格を持っている。それと地価がとても高いということテナントなどの賃料が高く、個人経営の飲食店など新しく開店するのが難しいと聞く。よって駅の規模の割には飲食店が少ない。

こんな天王寺・阿倍野だが長年眠っていた阿倍野再開発が動き出し新たな近未来都市へと変貌すべく開発が急ピッチで進められている。
近鉄が2014年(?)現近鉄百貨店付近に日本一高いビルを建てることを発表している。
どのように生まれ変わるか阿倍野ファンとしてはとても楽しみだ。
posted by 食いしん坊主 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 天王寺